【ドキドキ】六角タタミ台の中身を見てみた

六角タタミ台は何に使うの?

そもそも六角タタミ台とは、鉦吾という鳴り物仏具を載せる6角形をした畳のことです。

主に浄土宗真言宗で使われています。

 

よくお客様から、

「六角タタミ台の中はどうなっているのか?」

とお問い合わせをいただきます。

 

 

畳屋さんに頼むと、畳造りと同じ製造工程になります。

本来はこれが正式なものだと思いますが、ずっしりと重く、価格もそれなりになります。

 

 

それに比べ、現在流通している六角タタミ台は、軽く、価格も安くなっています

見た目は同じに見えますが、材料や製作工程が違います。

六角タタミ台の中をみてみよう!

では、さっそく普及している六角タタミ台を分解し、中がどうなっているのか見てみたいと思います。

 

今回使用する畳の詳細

・平径3寸
・重さ約47g

6角畳台の詳細

【1寸は約3センチです】仏壇や仏具の基準寸法は尺貫法を使います。

 

私たちは、この紋が染められた布のことを、「紋縁(もんべり)」と呼んでいます。
丸い紋一つの大きさが3cm程度あります。
他にも、4cm、5cmのものや、柄違い、色違いもあります。ただ、六角タタミ台では、この白を基調とした紋縁が基本となります

まずは、周りの布を取っていきたいと思います。

木工用ボンドで接着してあるようで、水で濡らすとペリペリッと簡単にめくれていきました。

その中から現れたのがこれです。

6角畳台の中身めくった直後

上下に井草が貼られ、芯材には木粉を固めた【繊維板(せんいばん)】が使われていました。

【MDF】よりも木片が荒いので、【パーティクルボード】と言われるものと推察します。

パーティクルボードとは木材の小片を接着剤と混合し熱圧成型した木質ボードの一種である。配向性はない。木材の裁断サイズにより大きく分類され、配向性ストランドボード(OSB)>パーティクルボード>中密度繊維板(MDF)の順に裁断は小さくなる。裁断が細かくなるにつれ生木本来の性質は失われ、抵抗力が弱くなり、カビ易くなってゆく。原料としては主に解体廃材等が用いられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

研修中です
だから、六角タタミ台はとても軽くできているんですね。
問屋さん
私も実際見たのは初めてだったので、勉強になりました。
六角タタミ台も色々なメーカーが製造しています。
なので、全ての六角タタミ台がこのようになっているわけではありません。

六角タタミと鉦吾の寸法

簡単に、六角タタミと鉦吾、一心支木の対応表を書いておきます。

実際に使う時はこの表を参照にして、仏具をそろえるといいと思います。

 

畳の縁の内側に鉦吾の足が入る寸法です。

こうすることで、ずり落ちることが多少減りますし、見栄えもいいです。

鉦吾の寸法六角タタミの寸法一心支木の寸法
3寸4寸3・4打
3.5寸4寸3・4打
4寸4.5寸3・4打
4.5寸5寸3・4打
5寸6寸5・6打
5.5寸6寸5・6打
6寸7寸5・6打
7寸9寸7・8打
8寸尺0(10寸)7・8打


鉦吾(しょうご)セット 4寸 鉦吾最大直径12cm(上部直径10.2cm)【送料無料】【お盆用品 仏具 お彼岸 鉦鼓・鉦鈷・伏鉦・叩鉦・敲鉦・鉦 仏壇用・寺院用仏具 念仏・御詠歌】

まとめ

6角畳台の中のみ

六角タタミ台の中身は、上下に井草が貼られ、芯材には「繊維板」が使われていました。

この作りのおかげで、軽くて安い六角タタミ台を作ることが可能となっています。

 

補足ですが、この六角タタミ台は別注品を作ることも可能です。

例えば、高さを20cmに高くすることもできます。

椅子に座りながら鉦吾を叩く際、ある程度の高さがあると便利です。

ただ、不安定さが増すので注意してください。

紋縁も通常より高さがある分、『よれる』こともあります。