創作提灯【ルミネキャンドル】を徹底的に調べてみた

お盆やお彼岸の贈り物としてよく利用される、創作提灯の一つ「ルミネキャンドル(ムラサキ)」のレビュー記事です。(イエローもあります)

ルミネキャンドル(イエロー)を見たい方はコチラをクリック 

お盆に飾る提灯といえば、大内行灯や吊り提灯をイメージされる方が多いと思います。

 

しかし最近は、家具調仏壇に合わせやすい、小型でデザイン重視の創作提灯が多く流通するようになりました。

あわせて読みたい

日差しが温かくなり、新緑の頃を迎える時期から考えていただきたいのが【盆提灯】です。まだまだ、お盆は先のことだから、と思っているとあっという間に夏になってしまいます。 「盆提灯を飾る必要があるのか?」 […]

盆提灯のアイキャッチ

この「ルミネキャンドル(ムラサキ)」もその一つで、大きな特徴として、

国産
LED電球使用
お手入れかんたん

この3点になります。

製造は提灯で有名な【岐阜県】

ルミネキャンドル正面岐阜県は、提灯の製造で有名な県の一つです。

研修中です
他に、福岡県の八女市が有名ですね。
問屋さん
よく知ってるな~。

そんな岐阜県の有名製造メーカーが手掛けているので、作りも丁寧です。

造花は本物と見間違えるくらい作り込まれていて、彩りも淡く優しい印象です。

画像クリックで拡大

ルミネキャンドル花アップ

花びらはシルクフラワーになっています。

 

シルクフラワーとは、布製の造花のことです。

昔は本物のシルクで作られていたそうですが、現在はポリエステル製が多いようです。

LED電球(乾電池式)を使用で安全

画像クリックで拡大

ご存知の通り、LEDはほとんど熱を出しません。

そのため、近くに燃えやすいものがあっても安全です。

ルミネキャンドル裏アップ

乾電池を採用しているので、電源コードがありません。

なので煩わしい配線コードがありません

画像クリックで拡大

どこにでも、場所を気にせず置くことができます。

乾電池は単3電池を3本使います。
連続点灯時間は約250時間と超節電です。

お手入れはほぼ不要

ルミネキャンドル上部アップ本物の花ではないので、水をあげる必要はありません。

 

ドーム型のケースに入っているので、ホコリの心配もほぼいりません。

やるとすれば、ケースのホコリ払い程度です。

 

お盆やお彼岸が過ぎても、そのまま飾っておいてもいいですし、場所を変えて部屋のインテリアにしても素敵です。

 

サイズは高さ16センチ✕直径12センチと小型なので、ベッドサイドの間接照明として使ってはいかがでしょう?

小さすぎるのがデメリット

ルミネキャンドル高さ手のひらにのるサイズなので、大きな仏壇に飾るには不釣り合いです。

光源は淡いので、眩しいほどの明るさを求めることはできません。

ルミネキャンドルライトオン

まとめ

小型で電池式なので、場所を選びません。

◎季節も気にならない彩りの造花なので、いつでもどこでも飾っておくことができます。

 

邪魔にならず、手ごろな値段なので、贈り物に最適な一つではないでしょうか。