鳥居の塗直しをしました

メーカーから届いた鳥居をそのままお客さんの所へ持っていったら、「所々、色が擦れている」というクレームがありました。

 

この鳥居は、神社にあるような人が通れるものではなく、神棚に飾っておくような小さいものです。

高さが36cm位のものでした。

研修中です
大掛かりな仕事だな~と勘違いしました
問屋さん
机の上でできる仕事でした(笑)

 

確かに、よく見ると擦り跡が。

手で持った時に爪でこすった跡がたくさんあります。

そして、正体不明の白い点々もありました。

画像クリックで拡大

 

おそらくアクリル絵の具で塗ってあるのではないでしょうか。

なので、軽く触るだけで手に塗料が付きました。

作業終了時には、はめていた軍手が赤くなってしまいました。

赤くなった軍手

遠目に見ればわからない擦り跡なのですが、一度気づいてしまうと、そこに目がいくのが人間の性(さが)。

 

メーカーに戻してもよかったのですが、また同じような状態で戻ってきても困ります。

送料も無駄ですし、自分で塗り直すことにしました。

 

 

まずは絵の具の調達です。

私の会社にはカシュー塗料しか置いてないので、アクリル絵の具を買ってくることにします。

近くの文房具店で買ったのがこちらのアクリル絵の具です。

さくらアクリル絵の具赤と黒

これの倍以上の値段がする絵の具もありましたが、経費削減です(笑)

 

赤と黒の塗分け部にマスキングテープを貼り、赤から塗ることにしました。

こちら↓が塗分けした部分のアップです。

鳥居の塗り直し赤と黒の分け目

濃いめで1度で塗ろうとすると塗りだまりやハケ目が出てしまうので、薄めに塗料を作り、3度ほど重ね塗りをしました。

 

うまくいったので次は黒色です。

黒も3度ほど塗ったのですが、なぜか色ムラが出てきてしまいました。

追加で2度塗り重ねてやっときれいに仕上がりました。

 

実はこの鳥居、2本あり、同じように塗り直したのですが、絵の具が足りなくなりそうになりました。

余裕で余ると思っていたので、ビックリしました。

特に黒がギリギリでした。

 

面積は赤より狭かったのですが、追加の2度塗りが余計だったのでしょう。

 

無事仕上り、納品できましたし、お客様にも納得していただけたのでよかったです。

 

仕事の合間合間に作業したので、1週間くらい掛けて仕上げました。

塗り直した完成品がこちら。

鳥居塗り直し完成品