失敗しない【おりん】の選び方、さらに【おりんの周辺仏具】もまとめて紹介します

こんにちは。

「おりん」をお探しですか?

あなたが「おりん」を買う機会はそうないと思います。

きっと一生に1度か2度の買い物です。

なので、

●どんな種類があるのか?
●おりんの他に必要なものはあるの?
●宗派による違いはあるのか?
●ついでに正しい使い方も知っておきたい
●実は今あるおりんをまだ使いたいので、きれいにする方法を知りたい

など、数多くの「?」が浮かんでいると思います。

それぞれの疑問を丁寧に、簡潔にお話していこうと思います。

おりんの基本的な選び方

おりんを探しているほとんどの方が、仏壇に合うものを希望していると思います。


そこで、一番初めに考えてもらいたいのが、おりんのサイズです。

 

幅30cmもない仏壇の中に、直径15cmのおりんを入れるわけにはいきませんからね(笑)

まずは置く場所を決めます。

おりんは日頃から使う仏具ですので、使い勝手がいいように手前に置くのが基本です。


向かって右側に置きますが、左のほうが便利だと感じるのなら左側でも構いません。

おりんの位置

小さな仏壇(上置仏壇)には「膳引(ぜんびき)」という引き出せる棚がついているので、その上に置きます。

大きめの仏壇で3段あるのなら、一番下の段に置きます。

 

もし、経机をお持ちならその上で構いません。

手前に引き出して使う棚のこと。仏壇と呼ばれるほとんどのものに設置されています。
画像クリックで拡大

おりんの大きさの目安

先ほども少しいいましたが、仏壇に対しておりんが大きすぎたり、小さすぎたりするとアンバランスです。


自身の好みで選んでもらっていいのですが、基本を踏まえたうえで選ぶことをオススメします。

 

「仏壇の大きさ」に対する、「おりんの大きさ」の目安を表にしてみました。

仏壇の幅おりんの大きさ
30cm~40cm2寸以下
40cm~50cm2寸~3寸
50cm~60cm3寸~3.5寸
60cm~100cm3.5寸~4寸
100cm~4寸~
研修中です
1寸は確か約3cmだから、仏壇の幅が50cmくらいなら直径9cmのおりんでいいんですね?
問屋さん
そうですね。
でも大きさのバランスは仏壇店によっても意見がバラバラです。

イメージしやすいように、同じ大きさのものを置いてみましょう。

音色を聞いて決めたい場合はどうするか

おりんは美しい音色を鳴らし、極楽浄土にいる仏様やご先祖様に、お参りしていることを気づいてもらう仏具です。
それなのに、音も聞かずにおりんを買うわけにはいきませんよね?

おりんの音は大きさや、形、厚みによって音の違いが生まれます。さらに叩くものや、叩き方でも音が変わります。
一般的にいい音色の定義は、「音の伸びがよく」「揺らぎがあり」「音に幅がある」といわれています。
また、おりんに深さがあるものほど、いい音色が出るとされています。

しかし、音色の好みには個人差がありますので、実際に仏壇店に行き、自分にとって心地よい音色のおりんを買いましょう。
ただ、仏壇店に行くのが難しいという方もみえると思います。

 

この便利なインターネット時代には、色々なおりんの音を聞かせてくれるサイトがあります。

例えば、こちらの大越仏壇のサイトでは、50個ほどのおりんの音色を確認することができるので、購入の参考になります。

もちろん大きさや環境によって音色は変わりますが、選ぶ際の材料の一つにはなるでしょう。

仏壇に似合うおりんを選びたい

仏壇に合わせておりんを選びたいと思うのは皆さん同じでしょう。

現在では、昔ながらのおりんの形から、モダンな仏壇に合うもの、上置仏壇用の小さいサイズまで様々なおりんが販売されています。


昔から使われているおりんにも、何種類かあります。

その一例として、

広丸りん」「都(みやこ)りん」「鳳雲(ほううん)りん」などと呼ばれるものがあります。

画像クリックで拡大

 

 

こうしてみると、昔からのおりんの形はほぼ一緒なのが分かると思います。

それに比べ、最近ではモダン仏壇に合わせて、オシャレなおりんが作られています。

 

たまゆらりん」「チェリン(Cherin)」「高台りん」などなど、

こちらは現在も種類が増えつづけています。

画像クリックで拡大

このようなモダンなタイプのおりんは小さいサイズがほとんどです。

小さな仏壇が多くなったので、それに合わせたサイズになっています。
自身が「これぞ!」と思うものを探してみてください。

おりんは、「お錀」「お鈴」などと漢字をあてます。

メーカーによる表記の違いだけですので、どちらも正しい漢字です。

ここでは「おりん」に統一しております。

おりんの鳴らし方

おりんは専用の棒を使って鳴らします。「りん棒」といいます。
その棒をやさしく握り、フチを下から軽く打ちます。

力いっぱい振りぬくとおりんが飛んでいってしまいますからね(笑)

また、腹の部分を叩くと、割れて音が出なくなる場合があります。
ダメなおりんの叩き方上手なおりんの叩き方
真上から叩く方をたまに見ますが、おりんやりん棒が傷つく可能性があるのでやめておきましょう。
何度も鳴らしているうちに一番いい音色がでる力加減がわかってくるはずです。
鳴らし終わったら、心を込めてご先祖様に会いに来たことを伝えましょう。

たまに、鳴らす回数を気にされる方がいます。
「お経を読むときだけ鳴らせばよい」という話も聞きます。

確かにそれが正しいのかもしれません。

 

ただ、個人的には仏壇の前に座った時、

「お参りさせてもらいます」「お供え物です」のあいさつとして、1~3回程度鳴らすのはアリだと思っています。

りん棒の種類や長さ

りん棒各種

おりんを叩くための仏具がりん棒です。


皮巻金バイ(かわまききんばい)や
黒檀りん棒が広く使われています。

皮巻金バイ・・・・朱や黒で塗った木の棒に動物(主に鹿)の皮を巻いてできたもの

黒檀りん棒・・・黒檀で作った棒をそのまま使ったり、金襴の布を巻いて使う

画像クリックで拡大

他にも樫材や、紫丹、金属製などがあります。

モダンなおりんには、棒ですらないりん棒が付属していたりします。

 

長さの目安として、おりんが3寸以下なら4寸のりん棒、

おりんが4寸なら5寸のりん棒と、おりんより1寸大きいものを選ぶとバランスがいいです。

りん棒の材質によって叩いた時の音の違いが出ます。

金属のりん棒で叩けば、より高い音。

皮が巻いてある皮巻金バイでは、やわらかい音がでます。

しかし、はっきりと違いが分かるほど音色が変わるかというと、そうでもないので、気にしなくていいと思います。

【1寸は約3センチです】仏壇や仏具の基準寸法は尺貫法を使います。

りん棒台の種類や大きさの選び方

その名の通り、りん棒を置いておく台です。

なくても問題ない仏具ですが、りん棒がコロコロ転がってしまうのを防げます。


りん棒のサイズに合わせて大きさも決めましょう。

仏壇店に行けば何寸のりん棒にはこの大きさのりん棒台がいいですよ、と教えてくれます。


ネットで買う場合でも、「何寸用」と明記してあります。

高いものではないので、一つ買っておくと便利です。

りん布団について

都布団おりんの下に敷く座布団です。丸い形が一般的ですが、6角形もあります。

「花布団」という、変わった形のもあります。

なぜ布団を敷くかというと、音をより響くようにするためです。
布団を使わず、直接硬い台の上に載せると、音が響かず消えてしまいます。
また、布団でおりんを固定することにより、叩いたときの揺れ防止にも役立っています。
布団にもいろいろな種類があります。「都布団」「総金布団」「弥生布団」「花布団」が昔から使われています。

 

一番お値打ちな「都布団」ならどこの仏壇店でも手に入れることができるはずです。


大きさの目安ですが、おりんと同じ直径のものか、おりんの一回り大きめを使うと安定感があって使いやすいです。
浄土真宗大谷派(お東)では。金襴輪(きんらんわ)という特別なものを使います。詳しくは次の「りん台の大きさと宗派による違い」のほうで紹介します。

りん台の大きさと宗派による形の違い

宗派によるりん台の違い

おりんはどの宗派でも共通していて、好みで購入していいのですが、りん台は宗派によって形が異なります。

 

りん布団の章でも少し話しましたが、浄土真宗大谷派(お東)では、四角りん台を使用します。

 

その上に金襴輪(きんらんわ)という、ビニール素材のチューブの輪っかに金襴の布を巻いたものを載せます。

地域によっては雲輪りん台を載せます。

 

浄土真宗本願寺派(お西)では、6角形のりん台を使い、その上に布団をのせます。


六角りん台には、兼印(かねじるし)りん台、手摺(てすり)付きりん台などの高級仏具もあります。
兼印りん台
兼印りん台
手摺付きりん台
手摺付きりん台
その他の宗派では、丸いりん台と座布団を使います。

表にしてみました。

 

宗派使うりん台の形使う布団の形
真宗大谷派(お東)四角りん台雲輪金襴輪
真宗本願寺派(お西)六角りん台丸布団など
その他の宗派丸りん台丸布団など

画像クリックで拡大

浄土真宗には高田派、興正寺派、仏光寺派、などたくさんの流派があります。
正式な形にこだわる場合は、ご自身で本山か菩提寺に確認してください。

 

なぜはっきり言えないかというと、仏壇店によってつける「りん台」が違うからです。

 

きちんと正式なものを付けるお店もあれば、略式の仏具を付けることもあり、また予算や仏壇の大きさによってもまちまちなのです。

 

研修中です
以外にアバウトなんですね

りん台の大きさはおりんの直径と同寸で構いません

3寸のおりんを選んだなら、3寸のりん台を使いましょう。

四角りん台の寸法を決めたら、どのおりんや金襴輪を使えばいいかを表にしてみました。

画像クリックで拡大

四角りん台使用時のバランス表

※平らな部分がメーカーによって違います。金襴輪や雲輪りん台が大きくてきちんとのらない可能性もあります。念のため購入店へ確認しましょう。

 

四角りん台の平らな面積の注意
【1寸は約3センチです】仏壇や仏具の基準寸法は尺貫法を使います。

ECサイトロゴAmazonAmazonで四角りん台を探す 

ECサイトロゴ楽天楽天で四角りん台を探す 

ECサイトロゴYahoo!Yahoo!で四角りん台を探す 

 

こちらは、京型6角りん台の寸法に合わせた、おりんと丸布団の対比表です。

 

京型6角りん台使用時のバランス表
丸布団は〇号という寸法表示です。〇寸ではないので御注意ください。

こちらは、丸りん台の寸法に合わせた、おりんと丸布団の対比表です。

 

丸りん台使用時のバランス表
しかし、最近ではモダン仏壇の普及とともに宗派を問わない仏具が多くなりました。
モダンなデザインのおりんセットがたくさんあります。

お選びになった仏壇に合わせて決めることも大事になってきています。

おりんのお手入れ方法

おりんは落としたりして割れない限り長い間使える仏具です。

金属製ですので、自然に錆びたり、汚れが付くのは仕方がないことです。

そんな時のお手入れの方法です。

研磨剤(真鍮磨き)を使う

仏壇店やホームセンターに売っている、一般的な金属の研磨剤で磨きます。

 

使い方は、少量を布にしみこませ、こするだけです。

いきなり力いっぱいこすると傷つく恐れがありますので、初めはやさしく様子を見ながら作業しましょう。

おりんには「クリア加工」「フッ素加工」「メッキ加工」といって、錆びないようにコーティングしてあるものがあります。この場合は研磨してはいけません。

クリームタイプや、液状タイプがあります。

効果はどちらも同じようなものなので、お好みで選びましょう。

 


調べたわけではありませんが、液状タイプのほうが粒子が細かい気がします。

 

しかし、商品によって違いもあるでしょうから、説明書をよく読んでからお使いください。

お酢を使った方法

お酢を使ったお手入れ方法もあるようですが、私は試したことがなく、専門外なので、

ここではおすすめしておりません。

まとめ

●おりんを選ぶときは仏壇のサイズや、置き場所を確認しておく

●安いから悪い音しかでないわけではない。あくまで個人の好みの問題

●鳴らし方に決まりはないが節度を持って。故人や仏様を敬う気持ちが大事

●りん台は宗派によって違いがある

●りん台はおりんと同寸のものでよい

●りん棒はおりんの1寸長めがベストサイズ

●りん棒台があると便利

●りん布団は音を響かせる役割をしている。

●おりんのお手入れをするときは研磨剤を使うと便利

 

おりんは昔からある仏具の一つです。大事に使えば孫の代まで使えます。

変な妥協はせずに、お気に入りの音色を見つけてください。